読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット艦これマン

艦これ攻略とか、雑記とか

2016春イベE7丙春風掘り【艦これ】丙攻略

本記事は丙作戦準拠となります。

 

今回の高難度イベントの中でも特に難易度の高いE7ここで春風と親潮がドロップします。特に春風はE7ボスでしかドロップせず、必然的にボスを周回することになります。春イベで初めて実装された空襲により資源がゴリゴリ減ります。特にボーキサイト

この海域は非常に難度が高く春風はNマス(ボスマス)でのドロップしか確認されていないので甲作戦掘ることは無謀です。春風を掘るまでの間はE7のゲージを割らず。リセマラをしたほうがいいでしょう。

艦娘件数SAB比率甲S%乙S%丙S%
春風 306 238 68 0 4.92% 7.18% 9.76% 7.11%

春風は丙でも割と現実的なドロップ率でドロップするので特にこだわりがなければ丙で掘ったほうがいいです。甲で掘るのは確率は高いですが道中の撤退率からして去年の夏の瑞穂、海風堀ぐらいには厳しいかもしれません。

もし丙でもいいからIowaに会いたいという提督がいらっしゃたら、この編成でゲージ削りまでは安定するはずです。

マップ攻略ルート

f:id:syopansyopan:20160510231444j:plain

攻略ルートは羅針盤を完全には固定できないので変則的なルートになります。

ルート1ACFHLN、ルート2ACFIJLN、ルート3ACFIJMNの三つのルートを通ります。道中の戦闘数は変わらないので消費自体は変わりません。ただ陣形選択を間違えないようにしましょう。

H、Jの航空戦マスでは対空の上がる第三陣形を選択しましょう。そのほかのマスでは潜水艦が出現しないので第四陣形を選択しましょう。

丙堀とはいってもさすが最終海域、資源はゴリゴリ減ります。備蓄の少ない提督は覚悟して掘ってください。

5/12追記

CマスからDマスへの分岐を選択すれば親潮を掘ることができ、そのままボスまで行けるので親潮、春風を二段構えで狙うことができます。若干Dマスのほうが敵が強いこと、金曜日のメンテで親潮のドロップ率が修正された模様です。親潮を掘っていない提督はDマス経由でボスに行ってもいいでしょう。

第一艦隊

f:id:syopansyopan:20160510232353p:plain

摩耶様に対空カットイン装備と艦隊司令部、戦艦に主砲、主砲、観測機、徹甲弾空母には大きなのスロットに艦攻残りに烈風系を堀なのでS勝利を狙うために彩雲を装備しています。

丙で攻略される方はゲージ破壊の段階になったら摩耶長門型や大和型に変更して主砲、主砲、観測機、徹甲弾or三式弾に変更してもいいかも

第二艦隊

f:id:syopansyopan:20160510232611p:plain

道中の安全のために阿武隈を連撃装備で採用、夜戦火力の高いビスマルク(なお陸上型には雷装向こうの関係上思ったような火力は出ません)敵艦載機を落とし、バケツを節約するために秋月型を採用、あとは適当な駆逐艦を連撃装備で、重巡も陸上型へのテンプレ装備です。

支援艦隊

丙堀では必要ありません。丙で攻略される方はゲージ破壊の段階で適宜支援を出してください。

基地航空隊

f:id:syopansyopan:20160520095411p:plainf:id:syopansyopan:20160515222543p:plainf:id:syopansyopan:20160515222544p:plain

本海域では基地航空隊が攻略難易度に大きくかかわります。

第一航空隊に局地戦闘機3、零式観戦21型(熟練)1を防空に設定します。

第二航空隊に陸攻2、零式観戦21型(熟練)1、艦攻1をボスマスに集中配備

第三航空隊に陸攻3、零式観戦21型(熟練)1をボスマスに集中配備

 

いまいち防空が作用しているのかどうなのかわからないので、第一航空隊に艦攻3艦戦1に変えてもいいかもしれません。

 

丙で攻略される場合はゲージ破壊の段階で第一航空隊を艦攻3、零式観戦21型(熟練)1に変更し、ボスマスに集中配備してください。

 

ボスマスへの基地航空隊の集中配備は非常に有効で第二艦隊の攻撃が始まるころにはボスしか残っていないこともあります。

f:id:syopansyopan:20160510233629p:plain

f:id:syopansyopan:20160510233633p:plain

しかしながら、基地航空隊の攻撃が外れることもあり、外れまくると夜戦をしてもA勝利しかできないこともあります。ただ、春風はA勝利でもドロップするようなのでくじけず夜戦まで行いましょう。

 

バケツ、消費資源をいかに減らすか?

この編成だと道中まではほぼ80%以上の確率で大破なしでボスマスまでたどり着くことができます。したがって道中撤退を許容して、摩耶改二の司令部施設を25mm三連装機銃に変更すればカスダメを減らすことができ、バケツの消費数を減らすことができます。私は堀だったので不慮の事故での轟沈が恐ろしかったので司令部施設を付けたままでしたが、そんなへまはしないよという方は装備を変更してもいいかもしれません。

本海域では札に関係なく出撃が可能なので、小破した駆逐艦はどんどん入れ替えていけばバケツの消費数を減らせます。戦艦はわりと小破ぐらいならそのまま出撃することが可能です。中破以上になったときにバケツを使うといいでしょう。空母はカスダメなら使わなくとも大丈夫です。重巡はどんどん変えていけばバケツ消費を減らせます、編成を入れかえるのが面倒ですが。

本海域は道中が5戦と戦闘回数が多く、空襲も挟むので一周にかかる時間が長くなりがちです。そのため艦隊の疲労回復を待たずともそのまま反復出撃が可能です。ただ提督自身の疲労はどんどんたまります。適度に休憩をはさみましょう。

 

www.youtube.com

 

45周目やっとでました、メンテ明けには親潮堀の編成を書いていきます。

f:id:syopansyopan:20160512072830p:plain