読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット艦これマン

艦これ攻略とか、雑記とか

運営は何をしたのかしなかったのか?

春イベ

今艦これが熱い!人気的な意味でもあるが炎上的な意味で、今回のイベントでは度重なるメンテ、サイレントメンテ、不具合の嵐など話題に事欠かなかった。心無いまとめサイトは艦これ終わったなどとはやし立てていたが、まだまだ私は艦これに終わってほしくはない。

f:id:syopansyopan:20160527231842j:plain

 

実際のところ運営は何をしたのだろうか?何をしなかったのだろうか?ここではそれについて考察していく。先に申し上げておくが私はこの記事を書くことによって「艦これ運営はクソ」だとか、「返金しろ」だとか言っているわけではない。この記事を根拠にして公式Twitterに突撃することはやめていただきたい。

  

5/2のメンテが伸びたのは仕方がないとしよう。艦これのメンテが伸びるのは今に始まったことではない。確かに午前3時からスタートというのは遅すぎたかもしれないが、メンテ中にエラーが発生したとしてそのエラーを可能な限りなくすのは普通のことではないだろうか?

E1から連合艦隊が文句に上がっているが、E1自体は甲でも割と適当な編成でもクリアできる海域だったし、資源消費が重くなるだけでそこまで問題になることではないと私は考える。

E2はWGを持っていなければクリア無理とは言わないが、持っていなければ相当に厳しいことだろう。実際私もWGを一つも持っていない提督は甲はやめたほうがいいと記事に書いていた。だが、仮にWGがなかったとしても、航巡や重巡の三式弾でスナイプを狙えば決してクリアできない海域ではなかっただろう。確かにE2にしては最近のイベントでは最高難易度だったことは言うまでもないが。

E6、E7が超難易度だったことは私も認めざるを得ない。基地航空隊、航空支援がきっちり仕事をしなければ海域突破は非常に困難だった。実際私もE7はラストだけで30周はした。

札が4枚だったことは事件に値するのであろうか?去年の夏イベ自体札4枚の海域であったし、去年の春イベは札3枚だった。札自体は丙に落とせば関係なく出撃することが可能だし、札の数自体は問題にならないのではないだろうか?

基地航空隊が機能しないバグ、沈んだ敵を殴るバグ、敵が空襲しないバグについては流石に私もひどいと思う。今回のイベントでの肝となる基地航空隊が機能しない場合海域突破は非常に困難であるし、沈んだ敵を殴るバグについてはそのために敵旗艦を倒せなくなる可能性をはらんでいる。敵が空襲しないバグについては、このバグを修正することは提督の資源を減らす概念を追加することになる。

好意的に解釈するのであれば、新システムをイベントで初実装するというのは新たに概念を増やすことであり、それはプログラムを組むうえでは大きな負担となる。まして、艦これ自体運営もここまで大きなコンテンツになるとは予想していなかったので、艦これのサービス開始時に新たな概念を加えて拡張するためにプログラムを組んではいなかった弊害ともいえるのではないか。

 艦隊の入れ替えに20分を要する、入れ替えにボーキサイトを大量に消費することについては基地航空隊という強力な支援を得たことにより、ただ単純に強いとしてしまえばゲームバランスの関係上問題があるのでこの点は仕方ないといえよう。

 翌日にメンテを実行することを発表し、それまでにE6に到達したプレイヤーのみに詫び家具と限定装備を配布するといいながらも無理して進めるなというのはいかがなものだろうか?そこに装備があれば突っ込むのが提督であり、私も急いでE4をクリアしてE6まで到達した。無理して進めるなというのであれば、バグが起こる可能性があるからとアナウンスすればいい、そもそもE6に到達したプレイヤーにだけ装備を配るというのは間違っているのではないか?先行実装する装備だと運営も言ってはいるが、複数あったほうが有効な装備であった場合に荒れる原因を運営自らが作ってしまったことになる。また、イベントの不具合による詫び装備という悪しき前例をユーザーの増えた今に作ったことによる弊害はあと後になって響いてくるかもしれない。

 詫び空襲についてはあらかじめ予定されていた機能が作用するようになっただけのことなのだが、提督からすればそうはいかない。油の一滴は血の一滴であり、資源は艦隊運用にかんする肝の部分である。特に空襲によって減るのはためにくいボーキサイトであったことも拍車をかけている。メンテ前までは実装されていなかったので、それまでにクリアしておけば資源消費は軽く済んだと考えると問題があったのではないか?

 U-511のドロップ修正の不具合これについては流石に擁護できない。実際艦載機計算機作者がサイトを閉鎖したことも理解できる。U-511の持ってくるWGはその後の海域で必要となる非常に有効な装備であり、U-511自体も替えの効かない非常に強力な潜水艦である。また伊401も晴嵐という強力な水爆を持ってくるが、基本的に入手方法が大型建造もしくは6-1での堀など数をそろえるのが非常に難しい艦娘である。それを掘ってくれと言わんがごとき場所に置いておいて、ドロップ制限をかけるなどさすがにどうかと思う。現在は修正がかかって複数所持の場合でも問題ないようだが、検証部のデータを信じるのであれば、サイレントメンテを行った疑いがある。過去のTwitterなどのドロップ情報を調べてみてもある特定の期間からドロップ報告がなくなっている。恐らくサイレントメンテを行っている。

kcvdb.jp

 

ドロップ制限については4つの仮説が立てられる。

一つ、あらかじめ用意していたテスト用のドロップデータもしくは過去のドロップデータを使っていたことが発覚して慌てて本番用のドロップデータに差し替えた。

二つ、単純な不具合。運営の意図しないところでエラーが発生し、ドロップ制限がかかった。

三つ、運営側が悪意を持って最初にU-511、伊401を複数ドロップさせておいて、提督の資源を削るためにその後ドロップ制限をかけた。

四つ、U-511、伊401を複数ドロップさせてはまずい理由が運営側にあった。

恐らく一つ目の仮説がことの顛末だろうが、運営がこの件で信頼を失ったとしても仕方のないことかもしれない。

 

続くかも…