インターネット艦これマン

艦これ攻略とか、雑記とか

【艦これ】検証部問題について

全イベントの春イベはU-511ドロップ制限だったり、サイレント修正やら何かと問題のあったイベントでしたが、それ以上にやばかったのは検証部問題でした。

ぶっちゃけこの問題荒れることは間違いないので、まとめブログとか個人ブログで扱われることはないですし、私も扱っていなかったのですが、この飛沫ブログがなくなろうと私は何のダメージもないですし、検証部問題について考えたほうがいいんじゃないかと思ったのでこれについて扱います。

本記事はネットで出回っている動画や、Twitterなどの情報をもとにして管理人であるかつかれー書いているものであり、客観的な根拠を持っているわけではありません。この記事をもとにして関係者に対して突撃するのはおやめください。

www.nicovideo.jp

www.nicovideo.jp

www.nicovideo.jp

検証部問題については上記動画が時系列順にまとめてあり、わかりやすくまとまっています。

私自身の考えとして、検証部の持っていた情報自体は統計的なデータに基づいた信頼できる情報で、非常に有用なものに見えました。艦これ内部情報のAPIを叩いて出た情報は主観や感情に基づく情報よりも信頼できる情報で、情報の集め方は限りなく黒に近いグレーなので検証部の動き自体は批判に値するので検証部自体は信用しないが、検証部の情報だけは利用するという方がほとんどであったのではないでしょうか?実際私は、検証部の情報を利用して記事を書いていました。

艦これはマスクデータが多く、基本的に運営はマスクデータを公開することはないので、検証部のような存在はガチ提督にとっては検証部の存在そのものは信用できないけどその情報は利用価値がありました。秋イベントのプリンツオイゲンの丙のドロップにおいて敵編成によってドロップのあるなしが変わるということを証明したのは、内部情報の解析を行っている中国の有志によって運営されている中華DBでした。

日本のDB(艦これ統計データベース(仮))

艦これ統計データベース

の場合ドロップデータだけを送信し、敵編成、ガチャン率については送信することはないので、所持制限や敵編成、ガチャン率を含めたドロップ率を確認することはできません。そのため一隻しか所持できない艦娘などに関してはデータが集まれば集まるほどそもそも特定艦娘が出ないデータを収集することになり、時間が進むほどに実際のドロップテーブルとはかけ離れたドロップテーブルが作られることになります。このためドロップだけでなく、敵編成や所持艦娘の情報も含めてドロップデータを収集する検証部の検証DBの情報は信頼できるデータでした。

8/8現状私はこの問題についてすべてを把握しているわけではないのですが、当時検証部は艦これという一大コンテンツの攻略情報を発信するという点については大きな影響力を持っていましたが、DMMに警告を受けたりと内部ではいろいろとごたごたがあったようです。

大人数で動くグループの弊害として、グループの意思決定が極端な方向に向かうこと、グループ内での地位を高めるために誇張をしたり、大言壮語を吐くなどのことはままあることです。それ自体は集団心理として仕方ないことですが、問題になるのはグループ内の意見、行動が極端な方向に向かい、事件、事故が発生した際に誰が責任をとるかということです。この際はリーダーが責任を取るのが一番良いのですが、よくあるのがグループ内で弱い立場にある人間を責任者に仕立て上げ、その責任を責任者1人に押し付け、グループで好き勝手に動き、問題が出た時には全責任を押し付ける所謂、トカゲのしっぽ切りです。上記動画の氏はトカゲのしっぽ切りをされたのではないかというのが私の推測です。

実際この問題については現在DMMや検証部、艦これを検証する検証部の行動を検証する人が出てきたり、検証部の行動を検証するwikiができたり、

ja.kancollekensho.wikia.com

弁護士まで出てくるまでになっており、そもそも責任だれがとるんだとか、事件全容を関係者もよくわかっていないというか、事件の様相が複雑すぎて何が起こっているのか誰も理解できていないのではないかという感じです。というか現在問題が雪だるま式に大きくなっていてまだまだ収束する様子が見られません。落としどころすらよくわかっていない状態でどこに問題が終着するのかさえも判りません。

関係者は、このまま事件の全容がよくわからないままに責任がうやむやになって問題そのものが先送りになることを望んているのではないでしょうか?この問題は艦これ以外でもマスクデータの多く、ユーザー数の多いオンラインゲームやソーシャルゲームでは避けられないことでしょうし、このことについて考えて行かないと今後さらなる問題が発生しないとも言い切れません。

艦これが始まってはや3年、何万人もの提督が集まり、いろいろなシステムやギミックが追加され、システム全体を理解している提督は全体の3割もいないでしょう。ミリオタ、萌えオタ、声優萌え、アンチなどの多種多様なユーザーの入り乱れる現状、マスクデータを検証する検証部のような存在をどのように扱っていくのかを考えていくことは、艦これやその他のソーシャルゲームが長く続いていくためには必要なことかもしれません。

 追記)

この問題いまだにどこに地雷があるかもわからない火薬庫なので、下手につつかない方がいいです。まじで何が出てくるかわかりません。今のところ2ch、したらば、ニコニコ動画で炎上を煽っている愉快犯しか出ていませんが、今後更に大きな事件になる恐れがあり、藪をつついて核爆弾といったことにもなりかねないので下手につつかない方がいいよ。絶対にほんとにつつかない方がいいからね。ふりじゃないからね。

この件について本当の意味でかかわることは不特定多数の悪意と法的な場所で戦うことを意味します。多大な熱意と使命感にあふれたスーパーマンでもない限りはかかわらない方がいいです。

10/8 U-511、伊401のドロップ検証に関する記述が誤りでしたので修正します。間違った情報を書いてしまい申し訳ありませんでした。